「様々なジャンルや分野に挑戦するほど、新しいイ・チョニの姿を発見できる」

俳優イ・チョニがマネジメント森と専属契約を締結した。

マネジメント森(スプ)は報道資料を通じてイ・チョニが専属契約を締結した事を伝えた。

イ・チョニは、様々なジャンルの作品と放送活動を通じて少年と男を行き来しながらフィルモグラフィーを積んできた。イ・チョニは最近、映画「ナム・ヨンドン1985」「バービー」を通して、既存のイメージを脱ぎ捨て今までとは違った1人で2カラー悪役演技を見せ演技スペクトラムを広げた。

特にイ・チョニは放送を通じて気さくで人間的な姿と同時に気を使わないフレンドリーな魅力を見せてきたが、映画では血も涙もない悪役を引き受けて窮屈な社会の裏を伝えるために先頭に立つなどマスコミの熱い好評を受け再び注目を浴びた。イ・チョニは現在次期作検討中だ。

マネジメント森の代表は「様々なジャンルや分野に挑戦すればするほど、新しいイ・チョニの姿を絶えず発見することができるという点が、彼の最大の魅力だ。多才多能で内面がしっかりしている俳優だと言えるだけに映画、ドラマ、放送など多方面で活動できるように支援する計画だ」と伝えた。

最近イ・チョニと専属契約を結んだマネジメント森は演技者専門会社でコン・ユ、コン・ヒョジン、キム・ミニ、リュ・スンボム、チョン・ドヨン、チョン・イルが所属している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-