「3人の呼吸を期待してほしい」

俳優キム・ヒソンがSBS「話神-心を支配する者」(以下 話神)を通じて初めてMCに挑戦する感想を明らかにした。

キム・ヒソンはソウル登村(トゥンチョン)洞SBS公開ホールで開かれた「話神」製作発表会で「音楽順位プログラム『人気歌謡』MCをした事はあるがトークショーのMCは初めてだ。熱心に学んでいるから充分でない点があっても温かく見守ってほしい」と言った。

引き続いて「コ・ヒョンジョンのトークショー『Go Show』を見ながらMCをしたい気持ちが生じた。またシン・ドンヨプ、ユン・ジョンシンとともにすれば信じて付いて行くことができるという気がした。もう30代の後半組なので40代になるとこんな機会が来ないようで快く出演を決めた」とユーモアある言い方をした。

キム・ヒソンは7日「話神」の初収録を終えた。彼女は呼吸を合わせたMC シン・ドンヨプ、ユン・ジョンシンに対して話し始めた。キム・ヒソンは「シン・ドンヨプ、ユン・ジョンシン2人ともすべてユーモア感覚とセンスがあることは似ているのに進行の方式が違う。シン・ドンヨプは自分の経験話をよく話す方でいたずらも多い。一方、ユン・ジョンシンはゲストの話をよく聞きとめる。相手の話をよくキャッチするようだ」と言った。

引き続いて「ドラマ撮影は体力的に大変なことが事実だ。ところがバラエティはこんな風に一週間に一回集まるのでときめく。シン・ドンヨプ、ユン・ジョンシンがお兄さんたちだから私が間違いをしても大目に見てくれる。それでプレッシャーなく楽にできているようだ。3人の呼吸を期待してほしい」と付け加えた。

一方、「話神」は日常生活の中で起こることに対する人々の多様な心と共感になる心理を本格的に話すプログラムだ。3〜4人の小規模ゲストで芸能人身辺雑記式トークの主題よりは誰でも経験した事がある生活密着型の主題たちに焦点を合わせる。

19日に初放送されて初ゲストでは俳優イ・シヨンとオ・ジョンセ、パク・ヨンギュ、チェ・シウオン(SUPER JINIOR)が出演する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-