K−POPがもっと発展するように一緒に熱心にしたら良いと思う

東方神起がGaon Chart K-POP Awardで今年の歌手賞、アルバム部門賞を受賞した。

ソウル松坡(ソンパ)区バンイ洞オリンピック公園オリンピックホールで開かれた「第2回Gaon Chart K-POP Award」で東方神起は今年の歌手賞、アルバム部門4分期賞を受賞した。東方神起の「CATCH ME」は約12万枚のアルバム販売量を記録して4分期1位に輝いた。

ユンホは「SUPER JUNIORの後輩が3分期を、僕たちが4分期賞を受けるようになって意味深いようだ。チャンミンが「月光プリンス」MCで活動中だから一人で来るようになった。アルバムがますます忘れられて行くという感じを受けているが、アルバムというものは簡単に作られるのではない。歌手はステージの上で表現するのが職業の正しい姿のようだ。悲しいとか楽しいとかステージの上で答えを捜して観客たちと呼吸することができるような歌手になる。この場に集まった後輩たちと一緒に今後ともK-POPがもっと発展するように一緒に熱心にしたら良いと思う」と感想を伝えた。

チュ・ヨンフンとBrown Eyed Girlsのガインが司会を引き受けたこの日の授賞式にはBIGBANG、SUPER JUNIOR、東方神起、テティソ、2NE1、Wonder Girls、T-ARAなどK-POPを導いているチームが大挙参加した。

第2回Gaon Chart K-POP AwardはGaon Chartで集計した正確で客観的なデータ(デジタル音源、アルバム販売量)を基盤にして去年1月から12月まで各月の音源1位及び各分期別アルバム1位など総16チームに賞が与えられた。

また今年の新人賞はもちろん、作曲・作詞家賞、プロデューサー賞、振付家賞、スタイリスト賞などK-POP歌手たちの成功に貢献したミュージシャン及びスタッフに対する授賞も進行された。

特にインディーズミュージシャンを対象にした今年の発見賞も去年と同じく授賞部門に含まれた。授賞式はKBS NのKBS Dorama、KBS Joy、KBS Wなど3チャンネルとポータルサイトNaver musicを通じて生放送された。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-