甘美なメロディーでユン・シユンの声を強調

ユン・シユンが歌うtvN月火ドラマ「隣のイケメン」OSTの最後のトラック「付き合いたい」が12日(火)正午の公開と共に話題になっている。

「付き合いたい」は劇中ユン・シユンのキャラクターであるケグムのテーマソングで甘く愛らしいユン・シユンの声が引き立ち、聞き手にとってケグムから愛の告白を受けているような錯覚を呼び起こす。この曲は、最終的にお互いの愛を確認した「ドクミ – ケグム」カップルの鳥肌が立つようなデートシーンと完全にマッチして話題を集めた。これは、12日正午音源公開とともにOST分野で熱い話題を呼び関心を集めている。

「となりのイケメン」OST Part.5「付き合いたい」は、多数のドラマOSTで音楽監督を引き受けている作曲家カン・ホヨンの作品で明るいアコースティックジャンルの曲だ。劇中ドクミを好きなケグムの気持ちを込めるために派手なサウンドではなく、甘美なメロディーでユン・シユンの声を強調させた。

ユン・シユンのテーマソングを聴いたネチズンたちは「この前の『埃になっても』上手に歌ってたけど、今回も絶対聞かなきゃ(笑)」「ユン・シユン好き〜」「うわぁっ!声、本当に甘い声。本当に良い」「愛しています(笑)」など、様々な反応を見せた。

一方、ケグムとコ・ドクミの本格的な愛が始まり、視聴者の心を捕らえている「隣のイケメン」は、現代人ののぞき心理を愉快で溌刺と解いた16部作ロマンチックコメディだ。都市型ラプンツェルのキャラクターであるコ・ドクミ(パク・シネ)が向かいの家の人を密かに盗み見イケメンエンリケクム(ユン・シユン)に発覚され、繰り広げられるロマンスだ。毎週月、火午後11時に放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-