映画『弁護士』にキャスティング

アイドルグループZE:A(ゼア、帝国の子供たち)のイム・シワンが、俳優ソン・ガンホ主演の映画『弁護人』に出演する。

イム・シワンの所属事務所関係者は今月12日、OSENとのインタビューで「イム・シワンが映画『弁護人』にキャスティングされた。若手俳優間での競争が激しかった」と話した。この配役は映画界の関係者から大きな関心を寄せられており、実際、新人に限らず多くの俳優が狙った役だ。

関係者は引き続き「イム・シワンは真剣な役が好きだ。今回の役も拷問を受けた活動家の役だが、重量感のある役を見て演じたくなったらしい。大先輩ソン・ガンホとオ・ダルスの名前を見て、より演じたいという気持ちが強くなったようだ」と明らかにした。

現在、イム・シワンは来月12日にスタートするミュージカル『ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』の練習に専念している。またZE:Aの新作アルバム作業も並行しており、スケジュールの調整が容易ではなかった。それでも彼はシナリオと配役、共演する大先輩の名前を見て今回の映画に出演を希望したようだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-