一方的な降板通知で傷つけて…

SBSドラマ『5本の指』制作会社が、ガールズグループT-ARA(ティアラ)ウンジョンの途中降板に対する謝罪文を掲載した。

先月23日、『5本の指』の制作会社は、公式ホームページを通じて韓国芸能マネジメント協会に送った謝罪公文書を公開した。

制作会社は「T-ARA事態の本質を正確に把握せず、落ち度のない女優に『5本の指』キャスティング決定後に一方的に降板を通知し、ウンジョンの降板通知以前に女優交替説を耳に入れるようにしてプライドに大きな傷を与えた」と過失を認めた。

続いて「演技やピアノの練習、ポスター撮影および製作発表会において誠実で積極的な姿勢を見せた女優に対して、一切の相談なく製作費の損失という内容の記事で深い傷を与えた点、髪を染めたことを理由に撮影を中断した点などに対して、ウンジョンと韓国芸能マネジメント協会賞罰調整倫理委員会に深刻な遺憾と謝罪の意を伝える」と付け加えた。

また制作会社は「この全ての内容は、女優の立場に十分な配慮をせず、努力もしなかった制作スタッフの過失。ウンジョンが『5本の指』の出演に問題がないにも関わらず、当社の誤った判断で、SBS所属の監督、作家との関係をうまく整理できずに発生した事故」と説明し、「これによってウンジョンの名誉を失墜させ、心に取り返しのつかない大きな傷を与えたため、ウンジョンの名誉回復ならびに傷の治癒に最善を尽くしたい」と明らかにした。

さらに「当社も女優が一方的に降板される製作の慣行はなくなるべきだと考えている。韓国芸能マネジメント協会に色々な配慮をさせてしまった点、心より謝罪して再びこのようなことが起こらないよう積極的に製作環境を変えていく」と再発防止を約束した。

最後に「当社はこの全ての事項が円満に解決されるように願って、韓国芸能マネジメント協会と共に健全で誠実なドラマ製作環境を作るために努力する所存」と繰り返し強調した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-