インディーズ音楽界との法的攻防は二度目1

インディーズバンドCrying Nutが、アイドルバンドCNBLUE(シーエヌブルー)を相手取り、著作権と著作隣接権侵害訴訟を起こした。13日、Crying Nutの所属事務所ドラッグレコードは「Crying Nutは今月12日、ソウル中央地方法院に、CNBLUEと彼らの所属事務所(FNCエンターテインメント)ハン・ソンホ代表が著作権と著作隣接権を侵害したとし、4,000万ウオンの損害賠償請求訴訟を提起した」と明らかにした。ドラッグレコードが裁判所に提出した訴状によれば、CNBLUEはCrying Nutが2002年発表した「Offside」の原曲音源をテレビ番組で無断使用し、その映像をDVDにも収録した。

ドラッグレコードのキム・ウン代表は「CNBLUEは、2010年6月のMnet『Mcountdown』で、Crying Nutのメンバーイ・サンヒョクが作詞・作曲した『Offside』のステージを披露した。当初、CNBLUEは韓国音楽著作権協会に、自分たちで演奏して歌うという“カバー”として関連著作権の承認を受けたが、確認の結果、Crying Nutが演奏した原曲の音源を番組で使って公演した」と主張した。

キム代表は引き続き「CNBLUEはこの番組出演の映像を、2010年8月に日本で発売した『CNBLUEスペシャルDVD』にも収録した。DVDを企画した業者と流通版権を購入した業者は、この事実を認めて昨年の秋に私たちと合意した」と説明した。