闘病中だったが歌手としてデビューして活発に活動して来た。

グループULALA SESSIONのリーダーイム・ユンテクが亡くなった。

ULALA SESSIONの所属事務所ウララカンパニー側は「胃癌で闘病中だったULALA SESSIONのリーダーイム・ユンテクが11日午後8時42分、ソウル延大セブランス病院で愛する家族とメンバーたちが見守る中で亡くなった。惜しくもイム・ユンテクの遺言はなかった」と公式立場を明らかにした。

先立ってイム・ユンテクが所属したグループULALA SESSIONは2011年放送されたMnet「SUPER STAR K3」で愉快な音楽とパフオーマンスで大衆の心を捕らえながら優勝した。イム・ユンテクは「SUPER STAR K3」以前から胃癌で闘病中だったが以後歌手としてデビューして活発に活動して来た。

また彼は去年8月3歳年下のヘアデザイナーイ・ヘリムさんと結婚をして話題を集めた事がある。しかしイム・ユンテクは去年下半期から病状が悪くなり始めて入院して治療を受けたことと知られた。「SUPER STAR K3」キム・ヨンボンCPはあるマスコミを通じて「本人を信じて力を出す癌患者たちがいるので辛い姿を見せなかった。噂を立てるなと言って見舞いも密かに通った」と明らかにした。

葬式はが新村セブランス病院祭場特1号室でキリスト教式に4日間進行される。胃癌闘病で苦しい状況でも明るい姿で撮った写真が盛られて弔問客たちをもっと切ないようにしている。出棺は14日で高揚(コヤン)清雅公園に安置される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-