先輩として本気のアドバイスを渡した

俳優キム・テヒが受験生たちに自分の名門大入学秘法を伝授した。

キム・テヒは韓国Hanwha生命「キム・テヒと一緒にするトークコンサート」に中高生200人と一緒に参加して女優ではなく先輩として本気のアドバイスを渡した。

キム・テヒが提示した1つ目の勉強秘法は「自分のリズムに合わせて勉強せよ」だった。彼女は「受験生の時夜10時から夜中の2時まで勉強をした。夜行性だから夜に勉強をすると朝寝坊が多くなってニックネームが『遅刻ギリギリ魔』だった。勉強がよくできる時間を本人が直接捜さなければならないし、休む時は休まなければならない」と言った。

引き続きキム・テヒは「絶対あきらめないこと」とアドバイスした。彼女は「答えが決まっている科目は好きだが、社会みたいな科目には興味がなかった。しかしソウル大合格するためにはあきらめないで苦手な科目も熱心にしなければならなかった。苦手でもあきらめないことは非常に重要だ。ただ1つの目標に沒頭しなさい」と勉強秘法を明らかにした。

キム・テヒが明らかにした3つ目勉強秘法は「自分が好きな運命みたいな事を選択すること」だった。幼い時に夢が何かと言う質問にキム・テヒは「何の夢なしに勉強ばかりしている途中大学に進学して運命のように俳優の機会を掴んだ。もし俳優にならなかったとしても俳優は羨望の職業だった。俳優が天職だと感じた」と返事した。

彼女は「自分が好きな事をすると継続してできて好きな事をすることが安定的な職業の道になること」とアドバイスした。

一方、この日のトークコンサートでキム・テヒは青少年のための推薦図書で「虹の原理」を選定した。この本は韓国型自分啓発書で人生の下図を描く7種の「知恵ガイド」を説明する本だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-