主演級キャスト全員が撤収1

歌手で俳優のキム・ヒョンジュン(リーダー)が、ドラマ『都市征伐』の降板手続きを踏んでいる。

今月6日、放送関係者たちによると、キム・ヒョンジュンは最近KBSと編成問題で揉めたドラマ『都市征伐』から最終的に降板することを決めて調整の真っ最中だ。『都市征伐』は、当初今年上半期にKBSでの編成を打診したが、結局成立しなかった。これと関連して製作会社メディアペクは、KBSの編成不可決定は「政治的な理由による放送会社の横暴」と主張して論議の火種を蒔いた。これに対しKBSは「コンテンツの競争力不足と過度な暴力性が編成不可の理由」と主張して対抗した。

推移を見守っていたキム・ヒョンジュン側は、結局ドラマ降板を決心した。昨年、日本ロケに参加するなどすでに一部の撮影を消化して編成を待ったが、不成立となり製作会社と放送局間の確執が深刻化し、これ以上のスケジュール調整は困難だという。