熱いラブコールに応えて出陣

ヒョンビン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

俳優ヒョンビンが中華圏で初のプロモーションを行う。

ヒョンビンは海兵隊への入隊前、映画『レイトオータム』とドラマ『シークレットガーデン』で、韓国だけでなく中華圏でも大きな人気を得た。特に女優タン・ウェイと共演した『レイトオータム』は、中国で韓国映画最高興行記録を更新した。

ヒョンビンの関係者は「ヒョンビンは中華圏で多くのラブコールを受けたが、軍の入隊によってその愛に応えられなかったので、除隊後に中華圏プロモーションを準備している。3月9日の台湾を皮切りに、6〜7都市でのプロモーションを準備中だ」と明らかにした。

ヒョンビンは昨年12月、海兵隊の服務を全て終えてファンの元に戻ってきた。業界では、除隊前から彼を獲得するための動きが活発だった。

ヒョンビンは映画やドラマなど多くの作品のラブコールを受け入れた中、1月にオンエアされたTVCMで復帰の信号弾を撃った。広告を通じてさらに成熟した魅力を見せた彼が、果たしてどんな作品でファンの期待を満たすのか、大きな関心が集められている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-