ポジティブさと情熱が彼女を変えた1

最近、少女時代の中で注目されるメンバーが一人いる。ヒョヨンだ。しかし、今までヒョヨンはそれほど大きな話題にもならず、存在感のないメンバーであった。大衆はなぜヒョヨンに関心がなかったのだろうか。

率直に話そう。少女時代で最も存在感のないメンバーがヒョヨンだということは、多くの人々が共感する事実だ。ユナ、テヨン、ユリなど少女時代を代表するメンバーの人気に比べて、ダンスだけで光ったヒョヨンの人気は彼女たちと同じようにはいかなかった。

そのためだろうか、過去に出演したバラエティ番組でも、ヒョヨンはそれほど目立たなかった。少女時代が全員出てきても、フオーカスされるのはユナを中心に人気の高く面白いメンバーが中心だった。ヒョヨンとしては悔しいこともあったが、それはエンターテインメント業界が徹底した“商業主義”の論理に動くためだった。いい視聴率を取れて、大衆が願うメンバーを多く見せることが放送界の摂理である。