17,000人のファン熱狂1

昨年お茶の間を“コン・ユ病”に感染させた俳優コン・ユが、今月3日に日本武道館で開かれた「ビッグドラマコンサート」に出席して、約17,000人のファンと楽しい時間を過ごした。

所属事務所によると、コン・ユは2011年12月の「10周年記念ファンミーティング」以来約1年ぶりに武道館を訪れた。武道館は日本のアーティストの間でも夢の舞台と呼ばれる大型の公演会場だ。

『ビッグ』はコン・ユが『コーヒープリンス1号店』以来5年ぶりにドラマ復帰した作品で、撮影に入る前から、韓国ではもちろん日本でもホットな話題として伝えられた。久しぶりの公式イベントでコン・ユが来日するという知らせが伝わると、約40の日本メディアが記者会見に参加して、コン・ユとドラマに対する熱い人気と関心を確認できた。

本格的なトークタイムでは、コン・ユはドラマの結末について率直な意見を述べてファンから深い共感を得た。「最後のシーンでダランと向き合うことになった人が、ギョンジュンなのかユンジェなのか、それは重要ではないと思う。その人が皆さんが願う人物だと考えるならば、誰が見てもハッピーエンドではないだろうか」と伝えるとすぐに拍手喝采が起きた。