アジアは勿論で南北米とヨーロッパでも高いミュージックビデオ照会数を記録した

男性バンドCNBLUEの新曲「I’m sorry」ミュージックビデオが全世界で高い関心を受けている。

CNBLUEの所属事務所FNCエンタテインメントは「You-Tube照会国家を通じて確認された国々はアジアはもちろんヨーロッパ、北中南米、オセアニア、アフリカ大陸まで総191ヶ国だ。特にベネズエラ、エクアドル、パナマ、カリブ海のトリニダード・トバゴ共和国でなど中南米国家とブルキナファソ、コートジボアール、アルジェリなどアフリカ大陸の国々でもCNBLUEのミュージックビデオが視聴された」と明らかにした。

また、今回のCNBLUEのミュージックビデオがビートルズの最後の公演を連想させるという意見もある。イギリスのロンドンにあるメイン・ストリートにある建物屋上で撮影した「I’m sorry」ミュージックビデオが1969年イギリスのロンドンのアップルスタジオで開かれたビートルズの最後の公演「Rooftop Concert」を思い浮かぶようにするというのだ。

これに対して所属事務所側は「普段からビートルズに憧れて来たCNBLUEが似ている背景でミュージックビデオを撮影して尊敬の意味を込めた」と説明した。CNBLUEはこれまで記録した「アメリカビルボードワールドアルバムチャート1位」記録を立証するように、アジアは勿論で南北米とヨーロッパでも高いミュージックビデオ照会数を記録した。

タイトル曲「I’m sorry」を含めて全曲が自作曲で作られたニューアルバム「Re:BLUE」でバンドCNBLUEの魅力を全世界に知らせている。

一方、彼らは韓国内バンド初でアジアは勿論でヨーロッパ、北南米、オーストラリアなど世界のあちこちに進出するワールドツアーを控えていてワールドツアーに全世界CNBLUEブームがもっと激しくなるか大きな期待が集まっている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-