卒業の感想は「ほっとする一方、名残惜しい」

ガールズグループT-ARA(ティアラ)のアルムとアイドルグループSPEEDのセジュンが、同日に高校の卒業証書を受け取る。

現在、ソウル翰林(ハンリム)芸能芸術高等学校に在学中の二人は、今月7日に卒業を控えている。セジュン(93年生)はアルム(94年生)より一歳上だが、カナダ・バンクーバーで1年間学んだため同学年になった。

二人は「卒業はまだ実感できない。わくわくしたりほっとしたりする一方、名残惜しい」と卒業の感想を明らかにした。

アルムは2月末、日本現地で行われるT-ARAのアルバムプロモーションのために出国予定で、セジュンはSPEEDのデビュータイトル曲「It’s Over」で活動を継続すると同時に、今月18日に人気作曲家の勇敢な兄弟とのリパッケージアルバムを発表する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-