先輩を応援してくれることを見たら羨ましかったですよ

俳優のハン・ソッキュが相変わらず強力なファンクラブを誇っていて注目を集めている。

映画「ベルリン」のリュ・スンワン監督、ハン・ソッキュ、チョン・ジヒョンがソウル地域の舞台挨拶を進行して客席をいっぱい埋めた観客たちに感謝の挨拶を伝えた。行く劇場ごとに完売行列を記録した「ベルリン」は俳優たちの登場とともに歓声とカメラのフラッシュでその人気を感じさせた。

特にハン・ソッキュは劇場ごとにファンクラブが駆けつけて周りを驚かしているという裏話だ。実際にも「ベルリン」に出演したリュ・スンボムはメディアデーで「公式イベントでハン・ソッキュ先輩ファンがプラカードも作って歓声もしてくれて先輩を応援してくれることを見たら羨ましかったですよ」と笑いながら伝えた事がある。

リュ・スンボムも多くのファンを従えている俳優だ。ここにリュ・スンボムは「僕のファンは僕のように家に居るのが好きなようだ」と冗談的な言い方をして謙遜さを仄めかしたりした。

そうであるかと思えばハン・ソッキュは劇場でファンの歓声に「僕のファンが多い」と言って笑いを伝えたのに相次ぎ「『ベルリン』を見たらリュ・スンワン監督の前作も揃えて見てほしい。アクション演出において立派な監督だ」とリュ・スンワン監督に対する褒め言葉で挨拶を仕上げて大先輩俳優らしい姿を見せたりした。

一方、「ベルリン」はアクション映画の大家リュ・スンワン監督とハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ、リュ・スンボム、チョン・ジヒョンなど名品俳優たちの出会いで公開の前から大きい話題を集めた作品だ。強烈で迫力あふれるアクションと韓国アクション映画史上最高の完成度という評価を受けて公開4日ぶりに168万観客を動員するなど興行突風を起こしている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-