キム・テヒと正面対決を広げる重要な役だ

ガールズグル-プKARAのスンヨンがSBS新月火ドラマ「チャン・オクジョン、愛に生きる」(以下「チャン・オクジョン」)で初演技挑戦に出る。

ハン・スンヨンは劇中淑嬪崔氏(スクビンチェシ)役を引き受けた。天皇の雑事女性身分から息子を王(ヨンジョ)まで作った人物で、ユ・アインをおいてキム・テヒと正面対決を広げる重要な役だ。

所属事務所DSPメディアは「スンヨンが初演技挑戦を夢見て来て真摯な心得と慎重な検討後『チャン・オクジョン』への出演を決めた。これまで特別出演や日本ドラマに出演した事はあるが初のドラマ挑戦を時代劇で決めただけ特別な覚悟で徹底的に準備中だ」と話した。

スンヨンは「チャン・オクジョン」出演のために韓国内外を行き交う忙しいスケジュールの中でも演技準備をしていると噂だ。4月に放送されるSBS「チャン・オクジョン、愛に生きる」と言う既存の張禧嬪(チャン・ヒビン)を悪女に描いた前作たちとは違い、朝鮮時代ファッションデザイナーで活躍を広げるという新しい解釈の時代劇だ。

チャン・オクジョンが朝鮮最初のファッションデザイナーだったという独特の設定に政治的人物ではない女性と能力人としての人生、裁縫室とメイク室などを背景にする。先立ってキム・テヒがチャン・オクジョン役にキャスティングされて話題を集めたのに相次ぎ、ユ・アインとジェヒに引き続きスンヨンが合流して具体的なラインナップが輪郭を現わしている。

「チャン・オクジョン」はクオン・サンウ、スエ主演の「野王」の後続で4月に視聴者の前に現れる。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-