強烈なサウンドと華やかなステージ

男性バンドCNBLUE(シーエヌブルー)が女心を惹きつけた。

CNBLUEはMBC「音楽中心」に出演し、新作ミニアルバム『Re:BLUE』のタイトル曲「I’m sorry」を披露した。メンバーは強烈なサウンドと華やかなステージで、歓声と拍手を浴びた。

同曲はCNBLUEデビュー以来初のジョン・ヨンファによる自作タイトル曲だ。恋人の最後の話を聞いて傷を受けた男の心を表現した歌詞で、エレクトロニックなシンセサイザーとギターの旋律が引き立っている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-