ロックの本場での思い出話1

こんにちは皆さん。2AMの末っ子ジヌンです。新作アルバムの準備に忙しい毎日を送っている僕たちにも、このようにファンの方々と先に会える機会が与えられましたね。今年の一年は2AMにとっても重要な一年なんです。4人のメンバーが2AMという名前で一つになってから、すでに5年目に入りました。

普段からイギリスへ行ってみたかった僕とヒーリングの必要だったグオン兄さんは、新年の少しの時間を利用して、それぞれ旅行してきました。スターコラムへ初の有終の美を飾るために、若干の競争(?)もあったが、とにかく僕が先にスタートすることになりました。ジヌンの“イギリス旅行”、今から始まります。視線は固定!スクロールだけ、ゆっくりとしてください!

#ジヌンの願い成就、イギリスのストーリー

1月1日、新年が明けると仁川(インチョン)空港から出発した僕。12時間の長い飛行が始まろうとしていた。若干のときめきと緊張感、そして言語が通じないというプレッシャーが同時に押し寄せた。目の前に繰り広げられるロンドンの風景を想像して12時間を過ごした。いよいよ到着したロンドン。たくさんの若者たちが集うパブでビールを飲んで、ここの雰囲気を感じていたら!突然、店の中に楽器が一つ二つと入り始めた。ここで演奏するつもりなのか?3人組のバンドはあっという間にセッティングを終えた。事実、パブで演奏するバンドに大きな期待はなかった。だが、彼らの公演は想像以上だった。専門の公演会場でもなく酒場での演奏なのに、こんなに完ぺきだとは!2時間程度、彼らの演奏にどっぷり浸かって宿舎に戻った。今になって、僕がロックの本場イギリスに来たと感じられた。