ソフトなイメージとは違う強烈な姿で新しい魅力を披露

キム・ジウン監督のハリウッド最初の進出作「ラストスタンド」で唯一の韓国系俳優ダニエル・ヘニーの演技変身が目立つ。

ドラマ「私の名前はキム・サムスン」で彫刻のような容貌とジェントルな魅力で女心を魅了したダニエル・ヘニーは「ミスターロビンの口説き方」「マイファーザー」など、様々な作品で演技力を押し堅めて来た。

彼は今回の「ラストスタンド」で冷徹なFBI捜査官フィル・ヘイズ役を披露する予定だ。

また、これまでの作品で見せてきたソフトなイメージとは違う強烈な姿で自分の新しい魅力を披露することで期待を集めている。彼は重要でもない配役なのに米国で行われた様々なプレミアイベントとインタビューに参加して積極的に映画を報じている。

特に韓国とアメリカの映画のシステムをよく知っているだけに、キム・ジウン監督とハリウッドスタッフとの中間役割をし、韓国の情熱とハリウッドのマナーを持った俳優という賛辞を受けている。

映画「ラストスタンド」は、スーパーチューニングカーに乗って脱出する麻薬王との国境の小さな村の保安官の生涯最悪の血みどろの戦いを描いた映画だ。キム・ジウン監督のハリウッド進出作であり、アクションスターのアーノルドシュワルツェネッガーの10年の主演作で話題を集めており、来月21日に韓国内観客たちと会う予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-