アジア全域とヨーロッパなどの地で熱い人気を得ている韓流スター

キム・スヒョンが「広告界のブルーチップ」であることを改めて確認させた。

俳優キム・スヒョンは、ソウル三成(サムソン)洞COEXで開催された「ソウル映像広告祭」で「今年のモデル賞」を受賞した。今年で10回目を迎える「ソウル映像広告祭」は、国内最大規模の映像広告祭であり、広告主と広告人そして広告を愛する一般人たちが一堂に会する重要な授賞式だ。

キム・スヒョンが受賞した「今年のモデル賞」は、2012年の広告で縦横無尽に活躍した最高のモデルに贈られる賞である。キム・スヒョンの明るく、元気なイメージは大衆はもちろんの事、広告関係者からも肯定的な反応を引き出して広告モデル好感度部門で上位圏を占め受賞の栄誉に授かることになった。

特にキム・スヒョンの今回の受賞は、ネチズンたちの投票の結果が反映され、さらに格別な意味を示す。また、日本、中国をはじめとするアジア全域とヨーロッパなどの地で熱い人気を得ている韓流スターであるだけに、韓国内および海外にまでその影響を及ぼすモデルとして認められたという点で注目に値する。

キム・スヒョンは2012年ドラマ「太陽を抱いた月」で堅実な演技力が認められ「キム・スヒョンシンドローム」を巻き起こし、昨年一年間でキム・スヒョンは衣類、電子、外食、ジュエリーなど国内最高のブランドと次々と契約を交わし、名実共に広告キングに登板した。

一方、キム・スヒョンは現在、今年公開予定の映画「密かに偉大な」の撮影に集中している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-