大きな傷を受けた思い出…

イ・ドンウク:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

俳優イ・ドンウクが、無名時代の悲しみを体験した事実を告白した。

SBS「強心臓」に出演したイ・ドンウクは「無名時代、有名俳優に偶然会った」と明らかにした。

彼は「無名だった頃は常に撮影現場に最初に行った。その時、偶然有名な俳優が現れたので、近付いて挨拶をした。当然その方は端役である僕を知らなかっただろう。しかしその時、僕を冷たい目で眺めて『何だ』と言って離れ、僕に大きな傷を与えた」と告白した。

イ・ドンウクは「その瞬間、僕が将来名のある俳優になったら、無名俳優の挨拶をきちんと受けなければならないと肝に命じた」と話した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-