ブランド価値上昇に多い力を加えてくれた

俳優チュ・サンウクが4年連続で「MINEM HOMME」専属モデルに抜擢された。

2010年に初めて男性カジュアルブランド「MINEM HOMME」専属モデルとして活動するようになったチュ・サンウクは最近三回目の再契約を締結し、1年間モデル活動を引き続けるようになった。

これまで出演する作品ごとに感覚的なスタイリングと特別なスーツで男性たちの間で憧れのスタイルに浮び上がった彼は4年連続「MINEM HOMME」の顔として出て長寿モデルとしての威容を精一杯誇示する予定だ。

トレンディさを追い求めるファッション業界の特性上、普通の広告モデルは短くて6ヶ月で長くて1年週期で入れ替わる。したがって4年連続したモデルを起用することは極めて珍しい事だ。

しかしチュ・サンウクはモデルに出た以後コート売上げ1位を達成するのに大きな影響を及ぼすなど売上げにたっぷり功を立てた。したがって彼の価値とネーム・バリューが今回の再契約を通じて立証されたわけだ。

衣類ブランド「MINEM HOMME」のマーケティング関係者は「3年の間チュ・サンウクがブランド価値上昇に多い力を加えてくれた。彼の粹なスタイルとソフトなイメージがブランドと調和を成してシナジー効果を発揮したようだ。ドラマ『ジャイアント』『神たちの晩餐』などを通じて韓国内はもちろん海外でも多くの愛を受けているチュ・サンウクの人気に負って早いうちに中国を含めたアジア進出まで期待している」と伝えた。

一方、チュ・サンウクは映画「朝鮮美女三銃士」「膺懲者」に引き続き最近OCN ドラマ「特殊事件担当班TEN シーズン2」の出演まで確定してスクリーンとブラウン管を縦横無尽している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-