本格的な撮影のための準備に拍車をかける計画

俳優ソン・スンホンがMBCの新水木ドラマ「男が愛する時」でブラウン管に復帰する。

ソン・スンホンの所属事務所の関係者は「『男が愛する時』の出演を最終的に確定した」と伝えた。ソン・スンホンのブラウン管復帰は、昨年放映終了したMBC「Dr.JIN」以後8ヶ月ぶりのことだ。これに伴い、本格的な撮影のための準備に拍車をかける計画だ。

ソン・スンホン側関係者は「確かなことは制作会社側ともっと話し合って見なければなら分からないが、最初の撮影が2月中旬ごろだと見ている。撮影が始まるまで台本の練習など忙しい日程をこなさなければならないものと見られる」と伝えた。

ドラマ「男が愛する時」は、死んたボスの女性と恋に落ちた男が、また別の若い女性と出会って繰り広げられるエピソードを描いた恋愛ドラマだ。劇中ソン・スンホンは頼もしい部下であり、激情的な愛の渦に巻き込まれる男性に扮する。

「幻想のカップル」「アラン使徒伝」を演出したキム・サンホPDと「赤道の男」「太陽の女」などを執筆したキム・イニョン作家が呼吸を合わせて放送関係者内外の期待を受けているこの作品は、現在放映中の「7級公務員」の後続で4月に放送される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-