ファンのために全身全霊

ロッカーとして変身したグループJYJのメンバーキム・ジェジュンがファンのために全身全霊を注いだ。

ジェジュンは京畿(キョンギ)道 一山(イルサン)KINTEXで行われた「Your,My and Mine」公演1、2部で多様なプログラムでファンと特別な時間を持った。その中で公演4時間前からファンに直接アンケート調査を実施し「ジェジュンが素敵なロッカーとして変身するならば?」という質問に天真爛漫な返事が返ってきて観客席に笑いをもたらした。

そこでファンは「荒い息づかい」「ギターを壊し服を破る」「皮の下着を穿く」「ビニールの服を着る」「水のショーを見せて」というなど洒落のきいた答えをだした。それに対してジェジュンは「ビニールの服ではないが3部ミニコンサートで破格的な衣装を準備した」と言い、3部でシースルールックを披露し熱い反響を受けた。

またファンが直接選んだドラマ名場面コーナーでは、ドラマ「Dr.JIN」で二人から愛された俳優ジン・イハンとともに「ごめんね、愛してる」の一場面を時代劇バージョンで披露した。ジェジュンとジン・イハンはお互いにソ・ジソブとイム・スジョンの台詞を時代劇風に演じて笑いを誘った。

ジェジュンはJYJメンバーのジュンスとユチョンとともにテレビ電話をして絆を見せた。メンバーは家でサプライズで電話をもらい、荒てた姿と日常を公開したり、収録中だった自作曲を聞かせたりした。

3部に開かれたジェジュンのミニコンサートも熱気が上がった。ライブバンドとともにジェジュンは10曲のステージで幅広い音域を披露し、完璧な歌唱力を見せた。韓国内を含んだアジアだけではなくカナダ、トルコ、チリなどから来た1万6,000人のファンはジェジュンの名前を叫んで涙を見せたりした。

今回のコンサートを始まりにジェジュンはソロで初アジアツアーに出る。2月にはタイでツアー公演を続ける。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-