練習生と、新人時期に強調される側面1

所属事務所とアイドル歌手の間には特別な約束がある。契約書に明示されてはいないが、“整形禁止”“恋愛禁止”“個人携帯電話の使用禁止”“飲酒および喫煙禁止”など口頭で約束した各種“禁止令”だ。所属事務所は、主に10代にデビューする未成年者が健全に活動できるよう最小限の私生活を管理しているが、程度が行き過ぎているという見方もある。

◆代表的な事例は“恋愛禁止”

Wonder Girlsのイェウンは昨年、SBS『強心臓』で「デビューして5年になったが(恋愛禁止令を)4年守った」と話し、今月26日に結婚したソネは「Wonder Girlsの恋愛禁止令が解除されたが、実は私は違反をした。数ヶ月前から会っている人がいる」と熱愛の事実を公開した。

ガールズグループRAINBOWのジェギョンも、昨年SBS「スター愛情村」に出演して「本来、恋愛をしてはいけないが、ここでパートナーを探すならしてもいいという許諾があった」と明らかにした。実際に恋愛禁止令があるというRAINBOWと同じ所属事務所のガールズグループKARA(カラ)のク・ハラは、BEAST(ビースト)のヨン・ジュンヒョンと交際中だ。

最近恋愛禁止が解けたと明らかにしたDal☆Shabet(ダルシャーベット)の所属事務所関係者は「契約書に品位維持に対する条項はあるが、恋愛禁止条項はない。単に異性交遊を自制して、歌手活動に集中しようという約束だ」と説明した。