「僕たちの色をつけていくべきだとの考えになりました」

アイドルグループINFINITE(インフィニット)のヒップホップユニットINFINITE Hが、1stミニアルバム『Fly High』を発売した。感性ヒップホップを標榜したタイトル曲「Special Girl」をはじめとした全5曲が収録されたアルバムには、メンバードンウとホヤが互いにペインティングをする姿が描かれた。

INFINITE Hは最近あるインタビューで、アルバムに収められた写真の裏話を打ち明けて、撮影当時を振り返った。また、それぞれタイトル曲以外で特に愛着がある曲とその理由もつけ加えた。

★アルバム写真の裏話

「互いにペインティングをして、色々な考えに浸りました。壁に僕たちの名前を書くのに、なぜか責任感もわきましたよ。INFINITE Hに僕たちの色をつけていくべきだとの考えになりました」(ドンウ)

「規則は一つだけでした。顔は塗らないこと!やってみると、色彩の配合に妙なこだわりが出ました。何か作っていくという感じがして、後日、手の模様をとったり、サインを残したりもしました」(ホヤ)

★アルバム収録曲の中で特に愛着がある曲は

「タイトル曲もいいが、1番目のトラック『Victoryous Way』に愛着があります。アドリブが自然に出てきた曲です。僕たちがしてきたように、強く怒鳴った感じが似ていました。歌詞自体も男の話でさらに気に入りました。元々力強いビートが好きです」(ドンウ)

「タイトル曲の次には、『できない』という歌が気に入っています。歌詞の内容にたくさん共感できました。あのような体験はしていないのに、なぜかです。最初のナレーションは、レコーディングで『何でもやってみて』と言われてやってみましたが、結局最初のものがよかったと決定しました。その場で即興でやりましたよ。歌のメロディも良いです」(ホヤ)

★気になる“THANKS TO”は

「冷静な演技の先生、俳優クァク!ジョンウク、僕たちはいつでも一緒〜」(ドンウ)

KBS2ドラマ『学校2013』にオ・ジョンホ役で出演中のクァク・ジョンウクとドンウは、90年生まれの同い年で、現在二人とも同所属に所属している。

「僕の新しい可能性を発見してくれたシン・ウオンホ監督!シウオンのように僕の悩みを聞いてくれるウンジ、実の兄のようなジウオン兄さん、シオン兄さん、イングク兄さん、ソユル兄さん、いや姉さん^^…応答せよ!」(ホヤ)

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-