カリスマあふれるパフォーマンスと華麗なステージで1万人の観客を魅了

東方神起がワールドツアー初の海外コンサートである香港コンサートを成功幕に終えた。

東方神起は、香港ASIA WORLD ARENAでTVXQ! LIVE WORLD TOUR「CATCH ME」in HONG KONGを開き東方神起だけのカリスマあふれるパフオーマンスと華麗なステージで1万人の観客を魅了した。

この日のコンサートで東方神起は「Catch Me」「Humanoids」など、ニューアルバムのステージをはじめ「な」「注文」「Rising Sun」などのヒット曲のステージ、ユンホ「Honey Funny Bunny」チャンミン「听海(ティンハイ)」など個々のステージまで計26曲の多彩なステージをプレゼントした。

観客はコンサート中東方神起を象徴するパールレッドペンライトで会場を赤く染め、歌を流暢に後について歌い、韓国語応援法も完璧にこなした。バカ(Unforgettabe)を歌う間、一斉に「一緒に東方神起号に乗って」と言うフレーズが書かれたプラカードを広げ、アンコールステージ中、東方神起初のイニシャルである「T」の形の銀色の風船を飛ばしサプライズイベントも準備してメンバーたちを感動させた。

コンサートに先立ち午後5時から行われた記者会見には、東方神起の姿を盛るために名宝、東方日報、蘋果日報、TVB、i-cableなど現地マスコミが大挙参加して熱い取材競争を繰り広げた。香港公演を盛況裏に終えた東方神起はアジアはもちろん、世界中でワールドツアーを続け今年4月からは日本の5大ドームツアーも同時進行する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-