「高校生の頃が懐かしい」

女優パク・シネが制服を着て清純さをアピールした。

パク・シネは自身のツイッターに「制服を着て歩き回りたいです。高校生の頃が懐かしい。あぁ。悲しい」というメッセージと共に写真を公開した。写真のパク・シネは、藍色のジャケットの制服を着てカメラを見つめている。長いストレートヘアと美しい肌が注目を浴びる。

写真はケーブルチャンネルtvN『隣のイケメン』撮影中のもので、劇中パク・シネは、高校時代に受けた傷によって引きこもって生きる孤独な少女に変身した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-