制作陣が編集をするべきか悩んだという裏話

22日に初放送を控えているKBSバラエティー番組「月光プリンス」が初収録から制作陣を固まらせた。

カン・ホドン、タク・ジェフン、チョン・ジェヒョン、勇敢な兄弟、チャンミンなど5人のMCのストレートな発言が話題になっている。特に記者会見でタク・ジェフンから男の中の男と評価されたチャンミンのいきなりの発言に制作陣が編集をするべきか悩んだという裏話だ。

イ・ソジンが初ゲストに出た初録画はKBSのスタジオで秘密裏に進行された。ゲストが指定した本によってその週のテーマを決める「月光プリンス」の初回トピックは、イ・ソジンが指定した本のテーマに合わせ「思春期と逸脱」に決まった。

思春期を運動に費やしたカン・ホドンを中心に、本の中の主人公より荒々しい生活をした勇敢な兄弟、国語の先生をお父さんに持ち正しい学生時代を過ごしたチャンミンまで、今まで公開されなかった6人の男たちの18禁思春期秘話がこぼれ出た。

特に真面なイメージを守って来たチャンミンが「中学の時、両親がいないすきにアダルトビデオをこっそり見たことがある」と告白すると録画現場の五人の男たちは目を輝かせて一番年下のチャンミンの思春期の告白を一つずつ暴き始めた。

一方、カン・ホドン、タク・ジェフン、チョン・ジェヒョン、勇敢な兄弟、チャンミンなど放送界で有名なカリスマ5人が団結した「月光プリンス」は毎週ゲストが一冊の本を直接選び、その本によってテーマが決まる愉快なバラエティートークショーだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-