直接現場に来てくれてとても感謝したい

俳優ユン・シユンのファンがドラマ撮影のために頑張るスタッフのために寒い冬に暖かい贈り物をプレゼントした。

ユン・シユンの所属事務所TAXIエンタテインメントによると、ユン・シユンのファンクラブの会員たちがケーブルチャンネルtvNドラマ「隣のイケメン」撮影現場に100人前のソルロンタン(牛肉の入った白いスープ)をプレゼントした。

ユン・シユンのファンクラブ会員たちは撮影真っ最中の京畿(キョンギ)道 坡州(パジュ)にある「隣のイケメン」撮影セット現場を尋ね、100人前のソルロンタンを用意した。今回の差し入れは寒い気温にも関わらず撮影を熱心にするスタッフと俳優のために、ユン・シユンファンの真心とファン心が合わさって行われた。

現場関係者は「パク・シネを含めた共演俳優とスタッフは、ファンが心を込めて用意したソルロンタンと肉炒めを食べてしっかりと食事を取った」と伝えた。ユン・シユンは現場に直接来たファンにサインをし、一緒に写真を取るなど感謝の挨拶を伝えた。

ユン・シユンは「気温も寒いのに直接現場に来てくれてとても感謝したい。心配していたがドラマの反応が良くて安心した。これからもっと新しい姿をお見せできるように努力する」と話した。

一方、ユン・シユンは「隣のイケメン」で天真爛漫に跳ね回る不思議なキャラ、エンリケ・クム役を演じ、瑞々しい演技力を披露している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-