スタッフに感謝の気持ちを伝えるためにプレゼント

MBCドラマ「会いたい」の二人の主人公パク・ユチョン、ユン・ウネカップルが度量の大きなプレゼントを準備した。

ドラマ関係者は二人が17日の放送終了日を控え「スタッフ全員に海外旅行をプレゼントした」と伝えた。二人は昨年10月末から4ヶ月の間、一緒に仕事をし特に寒かった今年の冬に野外撮影などで苦労したスタッフに感謝の気持ちを伝えるためにこのようなプレゼントを準備したとの事だ。

旅費は主人公二人が用意し、一部を該当制作社側がカバーしたことが分かった。成功を収めたドラマの場合、通常制作会社側が演出陣と俳優たちにプレゼントをするものであるのに反し、主演俳優たちがスタッフのために海外旅行をプレゼントしたのは非常に珍しいことだ。

この関係者は「俳優たちのスケジュールに流動性が高く一緒に行けるかどうかはまだ確定していない」と付け加えた。これに伴いドラマ「会いたい」スタッフはドラマ放映終了後、20日か21日ごろ、4泊5日のスケジュールでタイに行く予定だ。

ドラマの別の関係者は「撮影スケジュールが詰まっていたが、現場の雰囲気は良かった。最後まで苦労した俳優たちに感謝しているし、彼らのおかげで有終の美をおさめることができた」と話した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-