3Dスノーアドベンチャーを標榜する「雪の女王」

パク・ボヨン、イ・スグン、チェ・スミン、チャン・グァン等最強の声優キャスティングを公開した3Dアニメ「雪の女王」の児童記者団ショーケースがソウル市江南(カンナム)区 三成洞(サムソンドン)メガボックスCOEXで開かれた。

この日、ショーケースにはパク・ボヨン、イ・スグン、チェ・スミン、チャン・グァンが参加した。アンデルセン原作の「雪の女王」は雪の女王の呪いから世界を救うため戦う勇敢な少女ゲルダとアイス遠征隊の想像を超える幻想的な冒険の世界を描く。

3Dスノーアドベンチャーを標榜する「雪の女王」は安定感のある実力で武装した演技派声優キャスティングで注目されている。「雪の女王」の主人公ゲルダ役には映画「オオカミ少年」で人気を集めたパク・ボヨンがキャスティングされた。

パク・ボヨンが声の演技を務めたゲルダは、氷の宮殿に監禁された弟カイと凍ってしまった世界を救うために邪悪な「雪の女王」に立ち向かう純粋で勇敢な少女だ。主人公ゲルダとともに雪の国へ冒険に出るおしゃべりトロールの声はコメディアン イ・スグンが担当し、期待感を加える。

「雪の女王」の部下であるトロールはゲルダに接近し、結局ゲルダの心使いと正義に同化され、「雪の女王」に立ち向かう個性満点のキャラクターだ。人気アニメ「シュレック・フオーエバー」で声の演技を高く評価されたイ・スグンはトロールを通じて愉快な話術を誇示し、改めて存在感を発揮する予定だ。

またベテラン声優チェ・スミン、チャン・グァンの合流は「雪の女王」の品格を高める。チェ・スミンはチャ・テヒョンの母親で、1980年代TVマンガシリーズ「ヨンシム」(ヨンシム役)、「走れハニー」(ナ・エリ役)などで親しみの沸く声で愛された有名声優として大衆によく知られている。「雪の女王」は2013年2月初公開する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-