「残った軍生活の間、自粛して本来の任務に忠実する」1

国防部が、芸能兵で軍服務中の歌手RAIN(ピ、本名:チョン・ジフン)の前線勤務の要請に対して「前線への異動は不可能で、部隊内の異動の可能性はある」と明らかにした。

RAINが所属する国防部勤務支援団のある関係者は、今月16日「RAINが相談した前線での服務は不可能だ。職務変更は希望したからといってできることではない。事故や不適合な理由があり、大隊の任務に制限事項がある場合にだけ例外的に行われる」と話し、「RAINは現在、15日間の謹慎を終えて指揮措置の待機中だ。上層部でRAINの部隊内の職務変更についての可能性も見据えて会議を進めている。この先も芸能兵として勤務するかはまだ決まっていない」とつけ加えた。

この関係者によると、RAINの指揮措置への待機は長くかからない予定であり、早いうちに残り7ヶ月余りの軍生活の職務が決まる展望だ。