B.A.P 2ndのミニアルバムの先行公開曲「雨音」

男性アイドルグループB.A.Pが先行公開曲「雨音」でリアルタイム検索語を占領、熱い人気を立証した。

所属事務所TSエンタテインメントは、2月に予定されているB.A.P 2ndのミニアルバムの先行公開曲「雨音」の音源とミュージックビデオを公開した。公開直後各種ポータルサイトのリアルタイム検索語を占める快挙を成した。

先立って観戦ポイントに提示されたヘアースタイルとメンバー6人の涙の演技、そしてスタイリッシュなミュージックビデオも大衆の期待を裏切らなかったという評価だ。昨年金髪で、個人よりもチームの色を強調していたB.A.Pが今回はグレーカラーに挑戦し、去って行った恋人を偲ぶ男の切なさを見事に表現した。

2番目の観戦ポイントに挙げられた涙の演技も好評だった。デビュー後、正式に演技に挑戦したメンバーはいないが、6人のメンバー全員、歌詞に没頭し熱い涙で歌を表現した。特に撮影現場で特別な注文がなかったにも関わらず、メンバーたちは感情に充実し涙を流したと伝えられ評価された。

少女時代、ソテジ、BEAST、SECRETなどの作品を手がけてきたジョニーブロスのホン・ウオンギ監督も感覚的なミュージックビデオで「雨音」を表現するために一等功臣役を引き受けた。

ブラックとホワイトの衣装に緑雨と赤い血、画面分割、リワインド技法、そして超高速カメラが捕らえた1秒で2,000フレームの感覚的な映像は感性ヒップホップというジャンルと一つとなりB.A.Pの新しい面を現わした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-