「公演準備を疎かにしたと見られるだけの証拠がない」

歌手RAIN(ピ、本名:チョン・ジフン)が、2006〜2007年のワールドツアーでオーストラリア公演に関わった現地企画会社との訴訟に勝利した。

2007年にオーストラリア公演を企画したM社は、Wellmade STARMとRAIN、そして当時RAINの所属事務所であったJYPエンターテインメントが公演準備に協力せず、総額26億ウオン余りの損害を被ったと主張した。

M社は昨年3月、RAIN側を相手取り、ソウル中央地方法院に損害賠償を請求した。対するRAIN側は昨年7月、M社がオーストラリア公演のギャランティ4億ウオンのうち未支給の2億8,000万ウオン支払いについて訴訟を起こしていた。

ソウル中央地方法院は「RAIN側がワールドツアーオーストラリア公演準備を疎かにしたと見られるだけの証拠がない」とM社の請求を棄却した後、「未払いの2億8,000万ウオンを支給すること」と判決を下した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-