新年の計画を伝える1

ワールドツアーの海外日程を成功裏に終えたアイドルグループBIGBANG(ビッグバン)が、今年前半期の個人活動をスタートさせる。

BIGBANGは今月12〜13日の大阪京セラドームでの公演を最後に、アメリカ、ヨーロッパ、アジア地域を回るワールドツアー「BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR」の大長征を終えた。この日の公演で、BIGBANGは新年の計画として、今年前半期はグループよりもそれぞれの個人活動に専念する意向を明らかにした。

昨年ミニアルバム『ONE OF A KIND』を発売し、『HEARTBREAKER』以降ソロ歌手としても成功しているG-DRAGON(Gドラゴン)は、3月30〜31日のソウル公演を皮切りにソロワールドツアーに突入する。4月からは、6日に福岡ヤフージャパンドーム、20日と21日に埼玉西武ドーム、27日と28日に大阪京セラドームを回り、韓国ソロアーティストでは初の日本3大ドームツアーも行う予定だ。また、上半期内に新曲も発売する計画だ。

映画『同窓生』の撮影に注力したT.O.Pは、今年初めまで詰めの撮影に専念する。T.O.Pは「90%まで完成した状態」と現在の撮影状況を伝えた。

映画『飽和の中へ』に続くT.O.Pの実質的なスクリーン2作目となる『同窓生』は、寃罪を受けた南派工作員を父に持つ少年が、妹を生かすためにキラーとして韓国に派遣されて展開する話だ。T.O.Pの他にユン・ジェムン、チョ・ソンファなどが出演する。今年のT.O.Pは、『同窓生』に続いてドラマのカムバックにも期待が集まっている。