「旬の音源」であることを立証した

歌手イ・スンギのヒット曲「Return」が12月の月間音源チャートで1位に輝いた。

ソロ歌手とデュエットの勢いが際立った一方、アイドルグループは劣勢だった。Melonの12月月間音源チャートによると、11月22日に発売されたイ・スンギの5.5thミニアルバムのタイトル曲「Return」が1位に輝いた。

この曲は発売以後、5週連続週間チャートのトップを守った。この曲は穏かな感性音楽でマニアファンを確保するEpitone Projectが作詞作曲した曲で、イ・スンギの成熟したボーカルが際立つ歌だ。

「Return」はMelonの他にも、Mnet、olleh music、monkey3、ソリバダなど各種主要オンライン音楽サイトの月間音源チャートでも1位を占め、「旬の音源」であることを立証した。ビルボードのK-POPチャートでも6週連続トップを守り、人気を証明した。

一方、先月に続き、12月の月間チャートでもアイドルグループの劣勢が目立った。特にMelonの月間トップ10内でアイドル歌手の曲はヤン・ヨソプのソロ曲だけだった。ヤン・ヨソプの「Caffeine」は2位を占め、3位にはGeeksとSISTARのソユが歌った「Officially missing you, too」、4位には悪童ミュージシャンの「足を組むな」、5位にはNoelの「言えない言葉」がランクインした。

続いて6位はイ・ハイの「1,2,3,4」、7位はソン・シギョン、パク・ヒョシン、ソ・イングク、イ・ソクフン、VIXXが歌った「クリスマスだから」、8位はAileeの「見せてあげる」、9位はPRIMARYの「?(疑問符)」、10位はJUNIELの「悪い人」だった。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-