リアルな魅力で現場に集まった人々の関心を誘う

ガールズグループ少女時代の江南(カンナム)駅公演「Vコンサート」が熱い反応を得た。

今月5日午後8時、ソウル江南駅の交差点・エムステージで、少女時代の「Vコンサート」が成功のうちに終わった。この日の江南駅は、公演開始3〜4時間前から一帯がマヒするほど多くの人々が殺到し、少女時代に対する熱い関心を実感させた。

「Vコンサート」はバーチャルコンサートを意味する、リアルなホログラムによるコンサートだ。少女時代の所属事務所SMエンタテインメントが直接企画した新概念のコンサートブランドとして伝えられ、さらに注目を浴びた。

この日「Vコンサート」では、少女時代の新作アルバムタイトル曲「I Got a Boy」と新曲「Dancing Queen」のホログラム公演が初めて上映された。あたかも少女時代が実際に公演しているような錯覚に陥るほどリアルな魅力で、現場に集まった人々の関心を誘った。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-