「全てのポップミュージックのリスナーを満足させるだろう」

アメリカの権威ある音楽サイトビルボードが、人気ガールズグループ少女時代の新曲「I Got a Boy」を最も進歩的なポップだと好評した。

ビルボードは今月4日、オンライン版に少女時代の新譜「I Got a Boy」のトラック別レビューを掲載。「少女時代が、4thフルアルバム『I Got a Boy』という様々な要素が結びつき洗練された音楽でカムバックした。同曲にはエレクトロニックダンスミュージック、クラシックおよびモダンR&B、80年代のニューウエーブを含む様々な要素が盛り込まれており、K-POPファンだけでなく全てのポップミュージックのリスナーを満足させるだろう」と伝えた。

同名タイトル曲「I Got a Boy」については、「大衆の嗜好に合うように作られたサウンドではないが、5種類の完全に違うサウンドがちりばめられている。絶えず続くサウンドで彼女らのハーモニーを支え、どこの国でも聴けなかった最も進歩的なポップシングルとして完成した」と評価した。

また、4年前にレコーディングを終えたが、昨年12月に公開された「Dancing Queen」に対しては「数年前の曲で成功できるグループは幾つもいないだろう。郷愁を呼び起こしながらも可愛い魅力があり、『I Got a Boy』のできを見るのにも役立った」と好評した。

この他にも「Talk Talk」は「話してみて」というリフレインを特徴的とし、「拒否できない中毒性」と表現。「Lost in Love」は「リーダーテヨンの印象的なボーカルが特に光を放つ」と評した。

一方、YouTubeに掲載された少女時代の「I Got a Boy」プロモーションビデオは、今月5日午後2時現在、1,600万ビューに迫っている。4thアルバムタイトルを含んだ収録曲が主な音楽配信チャートで上位圏にランクインし、少女時代の人気の高さを証明している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-