演技闘魂を見せて制作陣を驚かせたという裏話だ

俳優イ・ボムスが負傷にも関わらず、撮影に邁進したという事実が一歩遅れて知らされた。

イ・ボムスはKBS2TV新水木ドラマ「IRIS 2」で血も涙もない北朝鮮のテロリストに完璧に変身した。

イ・ボムスは劇中世界を舞台に活動する北朝鮮秘密工作員出身ユ・ジュンウオンに扮し、隠されたカリスマを爆発させる予定だ。特に彼は、カンボジアの撮影でバイクタクシー「トゥクトゥク」に乗る場面を撮影中に大きな負傷を負い、足から血が流れ数日間かなり腫れていたにも関わらず制作陣にこの事実を隠したまま撮影を敢行するなど、演技闘魂を見せて制作陣を驚かせたという裏話だ。

イ・ボムスは「ユ・ジュンウオンは一種の思想家でありながら苦悩する知性を備えており、それなりに祖国への忠誠と犠牲が含まれているキャラクターだ。悪でありながらも単純な悪ではなく、哲学が持った立体的な人物として描いていきたい」と格別な愛情と抱負を現わした。

一方、「IRIS 2」は「IRIS」1編の最終回で疑問の銃傷を負った主人公ヒョンジュン(イ・ビョンホン)の死をめぐるストーリーと秘密組織アイリスの活動で逮捕されたペクサン(キム・ヨンチョル)の話、ペクサンの背後で全ての事件を操ったミスターブラックの正体が描かれる見通しだ。負傷闘魂で退くことを知らないイ・ボムスの演技への情熱でさらに力の入った「IRIS 2」は韓国で2013年2月13日初放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-