「1年半ぶりに作品をするようになってドキドキ」

ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区、汝矣島(ヨイド)洞63コンベンションセンターでMBC週末ドラマ「黄金の虹」の制作発表会が行われた。

俳優チョン・イルがMBCドラマ「黄金の虹」で1年半ぶりに復帰して話題を集めた。チョン・イルは「1年半ぶりに作品をするようになってドキドキして熱心に準備中だ」と感想を伝えた。

引き続いて「これまで長い呼吸のドラマをしたことがなかった。もっと成長することができる俳優になりたい」と抱負を明らかにした。

一方、チョン・イルはこれまで主に年上である俳優たちと呼吸を合わせている中、今回の作品で同じ年齢の演技者たちとともに演技するようになったことに対して期待感を表わしたりした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-