「もっと嬉しくて幸せだった1年だった」

俳優チョン・ウソンが久しぶりに大衆の前に出た感想を明らかにした。

ケーブルチャンネルtvN「2013スタイルアイコンアワーズ(SIA)」ではレッドカーペットに参加したスターたちのインタビューが行われた。

この日素敵なスーツの衣装を着てレッドカーペットに立ったチョン・ウソンは2013年に対して「久しぶりに映画を披露することができる機会を得て本当に気持ちが良かった。そして久しぶりに出演した映画が多くの人々から愛されてもっと嬉しくて幸せだった1年だった」と伝えた。

一方、チョン・ウソンが出演した映画「監視者たち」は自分の正体を隠したまま跡さえ残さない犯罪組職を追う監視専門家たちの追跡を描いた映画だ。今年の6月に公開して観客数500万人を越して興行に成功した。また、「第18回釜山国際映画祭」オープンシネマ部門に招請されたりした。

この日「スタイルアイコン」には大賞のG-DRAGON以外にDynamic Duo、コメディアンのシン・ドンヨプ、ガールズグループSISTAR、俳優ヨ・ジング、イ・ジョンソク、イ・ソジン、チョン・ウソン、コン・ヒョジン、ティルダ・スウィントンが選ばれた。

10人の「スタイルアイコン」はネチズン投票結果30%、対国民リサーチ結果40%、SIA執行委員の点数30%を合算して「あなたを動かした10人のアイコン」を最終的に選定した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-