女性ファンとセルフショット

俳優ユ・アインが熱いファンサービスをプレゼントした。

ソウル誠信(ソンシン)女子大の弥阿雲井(ミアウンジョン)グリーンキャンパス大講堂で開かれた映画「カンチョリ」シネマコンサートには、アン・グオンテ監督や俳優のユ・アイン、キム・ヘスク、キム・ソンオ、イ・シオンが参加した。

この日のイベントでは先立って行われた「私の青春の最も輝く瞬間」への公募イベントのうち、最高の手記を応募した人に300万ウオンの奨学金が贈られた。また、700人余りの観客前でユ・アインとキム・ヘスクが直接ストーリーを読むのはもちろん、「カンチョリ」チームが直接奨学金を授与した。

特にユ・アインはフオトタイムで女性ファンと可愛い表情でセルフショットを撮ってあげるかと思えば、ぎゅっとハグするなどのファンサービスで注目された。

一方、「カンチョリ」は何一つ取り得もないが、根性とポジティブさで生きてきた釜山の男カンチョル(ユ・アイン)が自身の人生を揺るがす選択の岐路に立たされて世の中と対抗する物語を描いた作品で、今月2日に公開された。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-