多様な音楽構成とパフォーマンスで息つく暇もない舞台

活発なソロ活動で注目されていた「韓国を代表する感性バラードグループ」2AMが12月に「2013 2AM CONCERT NOCTURNE:夜想曲」というタイトルで久しぶりに「完全体」でファンの前に立つ。

12月7日(土)〜8日(日)の2日間、ソウルオリンピック公園SKハンドボール競技場で開かれる「2013 2AM CONCERT NOCTURNE:夜想曲」は音楽とストーリーを結合したミュージックドラマが共にする叙情的な舞台から「ミュージシャン」と「エンターテイナー」の両方を兼ね備えたメンバーの特別な才能溢れる「反転ステージ」まで息つく暇もない舞台構成が予告されている。

最近Epitone Projectとコラボレーションしたシングル「夏、夜」を発売したスロンと「チョン・ジヌンバンド」で今夏ロックフェスティバルの舞台に上がったチョン・ジヌン、今年ミュージカル「ジーザス・クライスト=スーパースター」と「Jack the Ripper」に出演し、演技と歌で高い評価を得たチョグオンとチャンミンなどメンバーそれぞれが異なる魅力を見せてきた2AMが、3月に2ndアルバム「ある春の日」発売後、久しぶりに集まった「完全体」での復帰という点で、今回のコンサートの意味は特別だ。

関係者は「静かな夜の気持ちを表わす叙情的なピアノ曲『Nocturne:夜想曲』のように『感性的な2AM』の姿とミュージックドラマ、メンバーたちの一味違った4種類の魅力を感じることができる『熱情的な2AM』の姿まで多様な音楽構成とパフオーマンスで息つく暇もない舞台が披露されるだろう」と説明している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-