「点数を付けるならばスタートした段階なので10点満点中1点」

アイドルグループSHINeeのミンホが自分の演技点数を「10点満点中1点」と付けた。

ソウル、西大門(ソデムン)区、新村(シンチョン)洞、新村セブランス病院でMBCの新水木ドラマ「メディカルトップチーム」の制作発表会が開かれた中で、キム・ドフンプロデューサー、俳優クオン・サンウ、チョン・リョウオン、チュ・ジフン、オ・ヨンソ、ミンホが参加した。

昨年SBSドラマ「花ざかりの君たちへ」で主人公カン・テジュン役を演じたミンホは、自分の演技の点数を付けてほしいという要望に「実際に僕自身も評価する立場ではないが、前はちょっと気の強いシックで冷たいキャラクターを演じたためか難しい部分があった」と語った。それと共に「内面を探らなければいけないのも難しかった。学校を舞台にした物語で主人公を演じたからドラマを引っ張っていくのに不足した点があった。点数を付けるならばスタートした段階なので10点満点中1点」と明かした。

MBCドラマ「太陽を抱く月」のキム・ドフンプロデューサー、KBS2TVドラマ「ドラゴン桜」の脚本家ユン・ギョンアがタッグを組んだ「メディカルトップチーム」は国内最高の実力を持つ医者たちが「トップチーム」を構成し、限界を越えた奇跡を作るために激しい死闘を行う内容のドラマだ。

クオン・サンウが無料診療所の病院で勤務する天才外科医パク・テシン、チョン・リョウオンが野望あふれるクァンヘ大病院の胸部外科所属、ソ・ジュヨンを演じる。チュ・ジフンはクァンヘ大病院の内科長ハン・スンジェ、オ・ヨンソは外科専門医チェ・アジン、ミンホは胸部外科専門医キム・ソンウを演じる。

韓国で10月9日、夜10時から放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-