「キスシーンは考えても見なかった」

ガールズグループ少女時代のメンバーのソヒョンがSBS新週末ドラマ「熱愛」でキスシーンを撮影した時を回想した。

「熱愛」制作発表会がソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区汝矣島(ヨイド)洞63ビルで進行された。制作発表会にはペ・テソブPD、俳優チョン・グァンリョル、ソンフン、チェ・ユニョン、ファン・シネ、チョン・ミソン、ユン・ミラ、イ・ハンウィ、チョン・スギョン、オ・デギュ、ウ・ヒジン、ジン・ソヨン、キム・ユンソ、イ・ジョンヒョク、カン・ソジュン、キム・ヘジ、イ・ヘイン、ヨ・ウィジュ、イ・ウオングン、ガールズグループ少女時代のソヒョンが参加した。

この日ソヒョンは俳優イ・ウオングンとのキスシーンに対して「実は分量も4回までしか出演しないのでキスシーンは考えても見なかった」と返事をした。引き続き、ソヒョンは「初めて会うやいなやキスシーンがあってすごく慌てた」と当時の心境を伝え、「しかし、むしろ初めて会ったからもっといきいきとした姿を盛り出すことができたのではないかと思う」と付け加えた。

「熱愛」は親世代の葛藤と運命によって悲劇を経験するようになる3人の男女の哀切な愛と熾烈な成功を扱ったドラマだ。ソヒョンは劇中ハン・ユリム役を引き受けて獣医を夢見るハン・ユジョン(チェ・ユニョン)の姉で大学で偶然に出会ったカン・ムヨル(ソンフン)の情熱と男らしさに惚れて恋に落ちる人物を描き出す。

韓国で「ワンダフルママ」の後続に放送される「熱愛」は28日午後8時45分より初放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-