「イ・ボナのように考えて話せる時まで、より一層努力する」 1

歌手兼俳優のクリスタル(f(x)、エフエックス)が“エンターテインメントを相続した女性”の姿を表わし、若々しい最強ラグジュアリーガールの誕生を予告した。

クリスタルはSBS新水木ドラマ『王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ-相続者』(脚本キム・ウンスク/演出カン・シンヒョ/以下『相続者たち』)でエンターテインメント企業の後継者イ・ボナ役を担った。クリスタルは劇中爽やかで溌剌として魅力を発揮し、イ・ミンホ、パク・シネ、カン・ミンヒョクなどと甘いロマンチックストーリーを描き出す予定だ。

クリスタルは先月17日、ソウル市城東区(ソンドング)にある某高等学校で進行された初めての撮影から“相続者メンバー”に本格的に合流した。

“エンターテインメント相続女性”イ・ボナ役に華やかに変身したクリスタルは、様々な表情演技と姿で現場を熱くしたという。特にクリスタルは撮影現場に登場するとすぐに特有のあっさりした性格で同年代の俳優たちと挨拶を交わしておしゃべりに花を咲かせるなど、現場のムードメーカーになった。撮影が始まると、すぐにイ・ボナ役に没頭して爽やかな魅力をいっぱいに出して一発OKを貰った。