「僕はミスをした時、たくさん愛嬌をふりまく」

俳優ソ・イングクが『主君の太陽』の撮影現場の雰囲気に対して伝えた。

SBS「一夜のTV芸能」に出演したソ・イングクは「撮影現場の雰囲気が本当に良い。特にコン・ヒョジン先輩と変顔セルカ(セルフカメラ、自分撮り写真)をたくさん撮る」と明らかにした。

引き続き彼はNGが出れば特有の秘訣があるとし、「僕はミスをした時、たくさん愛嬌をふりまく」と打ち明け、愛嬌のある表情を披露して笑いに包まれた。

劇中、お化けを怖がる姿を見せるソ・イングクは「実際にお化けが怖い。見たことは無いが、夢の中でうなされる時があった」と打ち明けた。引き続きソ・イングクは「『主君の太陽』を撮影しながら、背筋が凍る感じを1、2回どころではなく感じる。怖ろしくて死にそうだ」と苦労を吐露した。

一方、この日の放送でソ・イングクは、ソ・ジソブに対する愛情と、彼が選ぶ名シーンを言及して注目を浴びた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-