「無罪を明らかにするために最後まで戦う」 1

妻チョ氏を暴行して脅迫した容疑と車に位置追跡プログラムを設置し、位置情報の保護および利用などに関する法律違反で不拘束起訴された俳優リュ・シウオン(41)に、裁判所が罰金700万ウオンを宣告した。

今月10日午後2時、ソウル中央地方法院西館513号法廷で、ソウル中央地方法院刑事5単独(イ・ソンヨン裁判長)で開かれた宣告公判で、裁判所はリュ・シウオンに「暴行と脅迫容疑の一部が認められるが、被告人が200万ウオンの罰金刑以外に処罰された前歴がない点、被告と被害者の関係、脅迫と暴行の程度を全て考慮して罰金700万ウオンに処する」と判決を下した。

「裁判過程で証拠として提出された音声ファイルの内容を見た時、若干の暴行が認められる。また、被告と被害者の関係、2人の言い争い中から出てきた内容の実行の可能性は希薄だが、私生活を監視される不安感は恐怖を感じかねない」として容疑を一部認めた。また、位置追跡プログラムを設置したことに対しては「緊急に設置しなければならなかったとは考えにくい」と言及した。

リュ・シウオンは判決が下された後、取材陣に「無罪を明らかにするために最後まで戦う」として控訴する意向を明らかにした。